任意整理とは?

 

一昔前までは借金苦の救済策といえば自己破産でしたが、現在は主に4つの方法があり、その人の状況に応じて最適な手段が選ばれるようになっています。
その一つが任意整理。
なにやら耳慣れない言葉ですが、これは債権者と債務者が任意に話し合って借金の減額や利息の引き下げなどを交渉していくものです。
過払い金などがある場合はその額を元本から差し引いたり、それ以後の借金の返済に関しては利息を0にしたりすることで債務者の負担を減らそうとするものです。
参考:任意整理


もちろんこれに関しては法的な拘束力がないので、交渉の手腕が重要な鍵になってきます。
個人でもできないことはないですが、基本的には弁護士、それも債務問題に強いベテランの弁護士に依頼することが重要になってきます。

住み替えには現在住んでいる住宅を適正に査定してから売却しよう

 

誰もが自分の城を持ちたいという願望があり、マイホーム実現を夢見ている方はまだまだ多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、現実には親元から離れ、独立した証しに初めて購入した住宅にずっと住むことはあまりないようです。
なぜなら最初に購入する物件というのは、結婚をするタイミングで購入する例が多いため、子供ができたときのイメージがまだないからです。
しかし数年後に子供が生まれ、部屋の間取りが物の足りなくなってくると、生活に合う住居を必要とします。
まして子供が成長し、中学生や高校生にもなれば、勉強に必要な環境が求められてきます。
そうして具体的に転居を検討する例が多いと思われます。
転居には更なる住宅ローンの問題があり、通常は現在住んでいる住居を売却し、ローンを完済してから、次の新居を探すパターンが多いです。
次の住宅ローンを少しでも減らしたい場合は、やはり現在の住居の価値を適正に査定してもらい、その価値を基準に売却の交渉をすべきです。
そうすることで売却先に対しての価格の信頼が増し、説得力がでてくるのです。
是非その際には地元で不動産の販売実績が多い信頼できる業者へ査定をしてもらい、納得できる住み替えの実現を達成して下さい。